物件を購入する前に|不動産投資セミナーに参加して知識をゲット

集合住宅

賃貸経営で収益をあげる

レディ

売るより貸す方がお得です

バブルが崩壊するまでは、中古マンションでも毎年確実に値段があがっていきました。銀行から融資を受けて中古マンションを購入すれば、少し待っているだけでローン金利を支払っても多額のお釣りがくるほどの高値で売却することができました。しかし、現在この方法で儲けを出そうとしても、まず上手くいくことはありません。中古マンションの価格は下落の一途をたどっています。転売して利益を出すことはほとんど不可能になっているため、現在の不動産投資は賃貸マンション経営が主流になっています。売らずに貸すという方法をとれば、子供や孫に不動産という形で資産を残してやることができます。また、貸している間中ずっと賃料収入を得ることができるので、とてもお得です。

物件を購入する際には

投資用の賃貸マンションを購入するために、銀行から資金融資を受ける人がたくさんいます。その場合、借入金の額を総投資額の4割以内に抑えるようにするのが、賃貸経営を成功させるコツです。周辺の家賃相場を見て投資物件を決める人が多いですが、その家賃相場がずっと変わらないという保証はどこにもありません。株式相場や外国為替相場に比べれば、家賃相場の変動はかなりゆるやかなものになっています。ただし、ゆるやかとはいえ常に変動し続けています。家賃相場が高くなることもあれば、その逆になることももちろんあります。また、ローン金利の変動リスクのことも考えておく必要があります。家賃相場やローン金利に大きな変動が起こったとしても、賃料収入だけでローンを返済し続けていけるようにするためには、借入金の割合を40%以下に抑えておくことが必須条件になります。