物件を購入する前に|不動産投資セミナーに参加して知識をゲット

集合住宅

空き家が増えている

マンション

賃貸してもらう

日本全国で空き家の問題が増加してきています。防犯上の問題や、空き家にしておくと家の周辺の環境が悪くなってしまう、また家の部屋の中もだれも住んでいないので通気性が悪くなってしまい、家の傷みが進んでしまうなど、空き家にしておくと少しのメリットもありません。また固定資産税もだれも住んでいないのに所有者にはかかってきてしまいます。家の保全や管理のことを考えた時に、リロケーションを行って空き家を賃貸に出すということも考えていかなければなりません。リロケーションというのは、空き家を一定の期間、賃貸で借りてもらうことです。家に人が住んでいれば家の傷みも少なくなりますし、毎月の家賃収入も入ってくるということになります。

有効活用

どうしても家を長い間、空けなければならなくなったとき、あるいは空いてしまうとき、たとえば長い間遠方へ転勤してしまうとか、遠く離れて暮らしていた親がなくなってしまい実家が空き家になってしまうとか、そんなときにリロケーションを行って賃貸に出せば、不動産の有効活用が図られることになります。現在では住宅のリロケーションを仲介している企業もありますので、このような企業に依頼すれば、簡単に入居する人も探し出すことが可能です。賃貸専門に出している住宅よりは、幾分安めに家賃を設定しなければなりませんが、空いているままにするよりかは有効に不動産を利用することができます。空き家の数が多くなるにつれて、リロケーションを行う人も多くなってきています。